トップ > 子供に坐薬を使うときの注意点

子供に坐薬を使うときの注意点

感染性胃腸炎の季節なので、まとめてみました。

坐薬について

坐薬とは

・坐剤とは、「医薬品をある一定の形状に成型して、肛門または膣に適用する固形の外用剤で、体温によって溶けるか、または分泌液で徐々に溶けるもの」と規定されています。

 

・坐薬とは、肛門や膣から挿入する固形のお薬のこと。体温や分泌物によって成分が溶けて、体の一部に効くものと、全身に作用するものがあります。

 

・坐剤(ざざい)、あるいは坐薬(ざやく)とは肛門や膣に挿入して用いる医薬品の製剤である。

 

使い方

① おむつを脱がせて準備します。坐薬を入れる前に手を洗いましょう。

 

出来るだけ排便後に使いましょう。

② 「半分に切る」などの指示がある場合は、シートに入れた状態のまま、きれいなカッターナイフなどで斜めに切ります。

 

冷蔵庫から出した直後ではなく、少し室温に戻してから切りましょう。

③ 先のとがった方(太い方)から包装をはがします。

 

 

④ お子さんの足を持ち、坐薬を先のとがった方(太い方)からおしりに入れます。坐薬が見えなくなるまで奥にしっかり押し込みましょう。

 

坐薬が冷たいままだと刺激が強いので、室温に戻しましょう。先の方を水やサラダオイルなどでぬらすと、すべりが良くなり、入れやすくなります。

⑤ 入れたら、しばらくおしりをティッシュなどで押さえ、最後によく手を洗いましょう。5~10分経ったら、坐薬が出ていないか再確認してください。

 

 

⑥ 使わない坐薬は、もらった日付と薬の効果を書いた袋に入れ、冷蔵庫などに保管しましょう。数か月たったものは捨ててください。

注意点

挿入方向の確認を

・容器から取り出した坐薬は、先のとがった方から肛門に挿入していきます。 その場合、大人では横向きに寝た状態 乳幼児ではオムツを替えるときのように両足を上げた状態が比較的スムーズに入れることが出来ます。

 

・挿入してからすぐ指は抜かず、しばらく(10秒くらい)そのままにすると座薬はするっと腸の上にあがるようにできてます。

 

・「先のとがっている方から挿入する」という言い方がよくされるが、この言い方が災いし、誤って細い方から挿入してしまう親も少なくない。正しくは「先がとがって太い方」から

 

・坐薬を2分の1などに切って使うよう指示されている場合には、挿入する際に持ちやすくするなどの理由で、斜めに切るよう伝える。

 

・坐薬で用いるような成分の場合、そこまで量の厳密さは要求されない。

冷えたまま切らない・挿入しない

・冷蔵庫から取り出した直後の坐薬は、基剤が硬くなっており、うまくナイフで切れないことがある。

切る前に手で少し温めたり、数分程度、室温に放置するとよい。

 

・坐薬を切らない場合も同様に、挿入前に少し坐薬を温めるとよい。これは、坐薬が冷たいと刺激が強く、乳幼児が嫌がったり、排便を誘発することを防ぐためである。

入れた坐薬が出てきたら

入れてすぐに出てしまった場合

・丸ごと残っている 再度、入れ直して下さい。出てきた坐薬を使ってもよし、新しい坐薬を使ってもどちらでも構いません。

 

・しっかりと坐薬の形が残っていたら、再度挿入するか、新しいものを挿入してください。

しばらくしてから出てしまった場合

・入れ直さず、そのまま子供の様子を見ていて下さい。坐薬が溶けている=腸から一部薬が吸収されている可能性が大きいです。

 

・溶け始めていたら、既に薬の吸収が始まっています。しばらく様子を見て、症状が治まらなければ再度挿入してください。

2種類の坐薬を併用する場合

・効果の違う坐薬を同時間帯に使用する場合、基剤(薬の成分を溶かしているもの、水溶性と油脂性がある)の違いによってそれぞれの吸収が遅くなったり、吸収できなかったりして期待する効果を得られない場合があります。違う坐薬を同時間帯に使いたい場合は、30分以上間隔をあけて挿入しましょう。

 

・先に水溶性基剤を入れ、少なくとも30分以上間隔をあけて油脂性基剤を入れるようにしましょう。(2種類以上の坐薬を使用する場合は、必ず医師、薬剤師にご確認を!)

 

・坐薬には、主成分が水溶性で、基剤が油脂性のもの(アンヒバ、アルピニーなど)と、主成分が脂溶性で、基剤が水溶性のもの(ダイアップ、ナウゼリンなど)の2種類がある。

 

・基剤が油脂性(ハードファット)のアンヒバ坐剤を先に入れてしまうと、基剤が直腸に残った状態で、主成分が脂溶性であるダイアップやナウゼリンの坐薬を挿入することになる。すると、脂溶性の主成分が直腸ではなく基剤に取り込まれ、吸収が阻害されてしまう。

 

・つまり、2種類の坐薬が出された場合は、水溶性基剤のダイアップ、ナウゼリンなどを先に挿入し、少なくとも30分以上空けてから、油脂性基剤のアンヒバ、アルピニーなどを挿入すべきである。

引用元

・坐剤 - Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%90%E5%89%A4

・薬剤師ゆうの薬の話 » 薬の話~一般・副作用~ » 坐薬の使い方

http://kusuri.main.jp/zayaku.html

・ひだまり調剤薬局(http://www.hidamari-ph.com/health/health_05.html

・『日経DI Premium版』2011年10月号連動企画【患者指導ツール】乳幼児への坐薬の入れ方

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/editors/201110/521916.html

・お薬の使い方【坐剤】

http://www.fukuyaku.org/topics_61.html

・坐薬の正しい使い方 - くるみ薬局

http://www.kurumi-ph.com/zayaku.html

・ミナカラ 正しい坐薬(座薬)の使用方法をご存知ですか?乳幼児・小児に坐薬を入れる方法や注意点、坐薬のメリットなど

https://minacolor.com/parts/10/articles/1956/

・おしえて!goo 坐薬の上手な入れ方教えてください。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/720718.html

・くすりの勉強 -薬剤師のブログ-

http://yakuzaic.com/archives/3124


TAMA03504 の最近のまとめ

子供に坐薬を使うときの注意点

もっと見る

TAMA03504 の人気のまとめ

子供に坐薬を使うときの注意点

もっと見る

人気のまとめ