トップ > 紫外線対策の「はひふへほ」

紫外線対策の「はひふへほ」

太陽の下で健康に過ごすために、紫外線の影響と対策について知っておきましょう。

 早すぎる? ためらう間に 黒くなる

紫外線対策は真夏だけのものではありません。紫外線は1年中降り注いでおり、春と夏に量が多くなります。薄着になる時期は、普段の外出でも紫外線対策を意識しましょう。

 日焼け止め うっかり忘れて さあ大変

外出するときは、顔や腕など露出する部分に日焼け止めを塗りましょう。昔よりも紫外線の量が増えている今、日焼け止めは子供のころからの習慣にすることが大切です。

 服選び 肌の露出は ほどほどに

衣服も大切な紫外線対策です。襟や袖のついた服を着たり、帽子や日傘を利用して肌をガードしましょう。生地は厚手で色が濃いもののほうが紫外線カット効果が高くなります。

 部屋の中 油断してたら 日焼けした!

紫外線は雲や窓ガラスを通過するため、日当たりの良い部屋では紫外線対策が必要になります。UVカット効果のあるカーテンをかけたり、窓にUVカットフィルムを貼るのも良いでしょう。

 ほてるまで 遊ぶ1日 しみとなる

皮膚表面のほてりや赤みはやがて収まりますが、ダメージは皮膚の奥で蓄積し、将来の肌に影響を及ぼします。無防備に肌を焼いたり、日焼けを繰り返すのは控えましょう。


sindoukaiji の最近のまとめ

疲れが取れるお風呂の入り方

紫外線対策の「はひふへほ」

知っておきたい健康と「塩」

熱中症対策6つの基本

もっと見る

sindoukaiji の人気のまとめ

紫外線対策の「はひふへほ」

熱中症対策6つの基本

知っておきたい健康と「塩」

疲れが取れるお風呂の入り方

もっと見る

人気のまとめ